神の乳母 1話のあらすじ・ネタバレ

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~
第1話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~
1話 「怖がらないで、その子は神様なんですから」妻は若く美しい身体を異形に貪られ…

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 1話のあらすじ(ネタバレあり)

夫と息子3人でマンションに暮らす主婦の杉山百合恵(29歳)

百合恵は優しい夫と息子に囲まれ、平凡だけれども毎日幸せな日々を過ごしていた。

「神の乳母」に選ばれるあの日までは…

ある日、百合恵は同じマンション内でベビーシッターのバイトを募集していることを知る。

それを知った百合恵はは少しでも家計の足しになれば…と夫に相談しバイトを引き受けてみることに。

翌日、さっそく依頼主である神守さんの家を尋ねる百合恵。

「ごめんください。704の杉山ですが」

すると、喪服姿の神守さんが出てくる。

「あら…よくいらっしゃいましたわ。お入りになって…」

神守さんの異様な雰囲気に圧倒されながらも、家に上がりベビーシッターの話を進める百合恵。

百合恵のことを気に入いた神守さんは、

「是非お願いしたいわ。今日からでもよろしいかしら」

と、百合恵に今日からベビーシッターをお願いすることに。

早く赤ちゃんをみたい百合恵は、

「それでお子さんはどちらに…?」

と神守さんに尋ねる。

「こちらの和室におりますわ」

そう言って、赤ちゃんのいる和室に百合恵を案内する。

しかし、そこで待っていたのは百合恵が想像していた可愛い赤ちゃんではなく…醜い姿をした異形の赤子だった!?

神の乳母~異形に奪われた妻~【1話】
続きはこちら

 

神の乳母 1話の感想

神守さんといい、異形といいもう怖すぎる!

異形の事を神様という神守さんはいったい何者なんだ?異形のお母さん?いや、神守さんは人間ぽいし異形の生みの親ではなさそう…

謎すぎる二人と関係を持ってしまった百合恵。

なんかこの二人と関係を持ったらもう逃げれなさそうですねw

醜い姿をした異形に迫られているシーンは怖すぎます!

神の乳母~異形に奪われた妻~
【1話】はこちら