神の乳母 2話のあらすじ・ネタバレ

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~
第2話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~
2話 「それ以上イかされたら壊れちゃう!」その触手は私の膣内を蹂躙し愛液を啜りました

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 2話のあらすじ(ネタバレあり)

異形の下腹部から生える悍ましいモノを見た百合恵は、必死で異形を引き離そうとする。

「んぐ…お願いだから…ね?離れーーーっ!?」

しかし、身体が思うように動かずそのまま畳の上にの転んでしまう。

一心不乱に百合恵の乳首をむしゃぶり続ける異形。

次の瞬間、異形の下腹部から生えるへその緒のようなものの先端がピクピクと動き始める。

異形から生えるへその緒はまるで太い男性器のようで、百合恵はそれを見て本能的な悍ましさを感じていた。

そして、百合恵の想像した通り、異形のへその緒は勃起するように伸びて百合恵の股間へと迫ってくる。

「やっ!やだ!!いやっ!やめて!!」

力を振り絞って抵抗するが、百合恵の抵抗も虚しく異形の触手はパンツの中へと潜り込んでいった…

神の乳母~異形に奪われた妻~【2話】
続きはこちら

 

神の乳母 2話の感想

あ~興奮したw

異形の触手で侵されていく人妻の姿がエロすぎる。

異形の触手は太く長くまるで外人の男性器のようで、しかもその先端は体液を吸えるように口みたいになってますからね。

そんな異形の触手をアソコに突っ込まれ、膣内を掻き回され、強制的に何度も絶頂させられちゃってます。

「もう無理~これ以上やられたら壊れちゃう」という人妻の声を無視して、膣内を貪り続ける異形。

もう、何度絶頂させられたかわからないぐらいイキまくり、指一本も動かせないぐらい憔悴しきっちゃてます。

神の乳母2話はかなりやばい内容です。

神の乳母~異形に奪われた妻~
【2話】はこちら