神の乳母 4話のあらすじ・ネタバレ

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~
第4話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~
4話 「お願いあなた起きないで…っ」眠る夫の隣で異形に身体を捧げた人妻

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 4話のあらすじ(ネタバレあり)

毎日異形への授乳を続ける百合恵。

百合恵の体液を毎日啜る異形の身体は大きく成長し、動きもより活発になってくる。

そんな異形に毎日犯侵されているとおかしくなってしまいそうだが、ちゃんと夜になれば開放され普段の生活に戻れるのでなんとか百合恵も正気を保てていた。

しかし、ある夜のこと。

夫と一緒に眠っている百合恵の耳に聴き慣れた音が…

ズリ…ズチュ…ズリ…

その音は上の階の神守さんの家からで、異形の這う音だった。

(あの子のはう音が聞こえてくる…私を呼んでいるの?)

(ダメよ…今の私はあなたの餌なんかじゃないんだから)

心の中で異形に向かってつぶやき眠りにつく百合恵。

キィ~~

何かの気配を感じて起きる百合恵。

するとなぜか部屋の窓が開いていた。

窓に近づき窓を閉めようとした瞬間、悍ましい異形の姿が…

神の乳母~異形に奪われた妻~【4話】
続きはこちら

 

神の乳母 4話の感想

ついに異形が家に入ってきてしまいましたね!

異形の登場の仕方がまじ怖いですw

窓にべったりへばりついてましたからね。

恐怖で固まる百合恵の元へ這いよってきて、アソコを貪り始める異形。

まるでお腹を空かせた虫ですね。

そんな気持ち悪い異形に貪れ、焦らされ、「もっとして~~」とお願いする人妻。

はしたない人妻です。

神の乳母~異形に奪われた妻~
【4話】はこちら