神の乳母 6話のあらすじ・ネタバレ

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~
第6話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~
6話 「好きなだけママの中に出して」成長してオスとなった異形との生殖行為

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 6話のあらすじ(ネタバレあり)

百合恵の体液を毎日すすり続けた異形は、更に成長し今では成人男性よりも大きな身体にまでなっていた。

全裸で四つん這いになり

「いい子ね…こっちよ♪あなたの逞しいものを…私の中に挿れて♪」

そう言って異形を誘惑する百合恵。

かつて、へその緒だった異形の触手は形を変え、雄々しい男性器として勃起していた。

今日は初めて大人になった異形と、「性交」を行う日。

異形が後ろから

「マ゛…マ゛…」

と言いながら迫ってくる。

そしてその巨大なペ○スを百合恵の小さなアソコへねじ込んでくる。

異形の固く太いペ○スが膣奥まで入ってきて絶叫する百合恵。

「ひぐっ!!ああああ゛ーーー!!!」

これまでのねぶるような触手とは異なる、固いペ○スで子宮をガンガン突かれ…

神の乳母~異形に奪われた妻~【6話】
続きはこちら

 

神の乳母 6話の感想

異形がめっちゃ成長してますねw

身体は相撲取りのように大きくなり、以前へその緒のようだった触手も立派な男性器に成長してます。

そんな異形の立派なチ○チンでガンガン突かれ、またはしたない声を上げまくり絶叫する百合恵。

行為が終わったあとは、異形の精液まみれのチ○チンを口で咥えお掃除してあげちゃってます。

愛おしそうに異形のチ○チンを咥える百合恵の姿は、色っぽく女のフェロモンがムンムンです!

神の乳母~異形に奪われた妻~
【6話】はこちら